オルソケラトロジーとは、視力回復のための治療法の一種です。 夜眠っている間に、治療専用の特別な角膜矯正をするコンタクトレンズを付けます。 それだけで、昼間は眼鏡もコンタクトも必要なく、視力が良くなったように見えるという、今までにはなかったような画期的な視力回復方法なのです。 これまでの医療的な視力回復方法で有名なのは、何といっても、レーシックでしょう。 でも、レーザー照射で目を治療するというのは、躊躇してしまう人が少なくありませんでした。 レーザーでの治療そのものへの恐怖であったり、後遺症への不安などもあり、視力は回復させたいものの、レーシック手術には二の足を踏むという人も多いです。 その点、オルソケラトロジーの場合は、そのようなことはないので、気軽に治療を受けられるでしょう。 しかし、オルソケラトロジーに適応するのは、軽度の近視の人であり、強度の近視の場合には効果が少なく、視力が良くなったという実感は得られにくいといわれています。 それに、両目で約20万円〜30万円ほどかかる費用もネックになりますね。 オルソケラトロジーがもっと広まって、レーシック手術のように一般的になれば、将来的にはもう少し価格も下がるのかもしれません。